特定プロジェクト

技ありプロジェクト in 丸森(CA)

Co-Atelier:共同アトリエ

技ありプロジェクト in 丸森(CA)

現状の確認

宮城県伊具郡丸森町の養蚕業は、仙台藩の時代から始まり、町の主産業として地域経済を支えるとともに、町の歴史と文化を形づくってきた。しかし、昭和38年には1,800戸を超えていた養蚕農家も現存するのはわずか5軒となっている。

キャプション
大張S家蚕室にて視察① 2017.7.11
キャプション
大張S藤家蚕室にて視察② 2017.7.11
キャプション
中心部S家織物工房 2017.5.26
キャプション
F家和紙工房 2017.9.16
キャプション
桑の樹皮を柔らかくする工程 2017.9.16

課題への対応

「技ありプロジェクトin丸森」は、丸森の地域産業である養蚕とその関連産業に携わる人々が集い、世代を超えて生業として継続していくための糸口をみつけようと始まり、養蚕農家、染色家、機織り家、シルク和紙職人、地織保存会、繭細工作家らと、彼ら彼女らを結ぶ地域のつなぎ役の方たちが呼びかけに集まった。

まずはお互いの仕事場(工房)を訪ね、相互に学ぶことから始めることとなり、これまでにに養蚕農家、シルク和紙工房、繭細工工房、地織り会館などで研修・WSを開催したほか、「2017丸森シルクフェスタin齋理」でパネル展示を行っている。