アバウト

アバウト

農山漁村共同アトリエ群による産業の再構築と多彩な生活景の醸成

研究代表者
大沼正寛(東北工業大学大学院ライフデザイン学研究科 教授)
研究開発期間
平成28年10月から平成31年9月

技ありプロジェクトについて

プロジェクトの位置づけ

本プロジェクトは、国立研究法人科学技術振興機構(JST)社会技術研究開発センター(RISTEX)の「持続可能な多世代共創社会のデザイン*」研究開発領域の研究開発プロジェクトの一つとして、平成28年度に採択を受け、3年間のプロジェクトとして実施しています。

*「持続可能な多世代共創社会のデザイン」研究開発領域について、以下URLを参照

https://ristex.jst.go.jp/i-gene/index.html

  • プロジェクトの位置づけ
  • プロジェクトの位置づけ

プロジェクトの概要

農山漁村では、元来の生業に加え、地域資源に根ざした近代産業が隆盛した時期もありましたが、現在は衰退し、人口流出が進んでいます。東日本大震災からの復興を目指す東北地方には多くの事例がありますが、地場産品の需要は大幅に減り、日々の暮らしの風景(生活景)から地域らしさが失われつつあります。

本プロジェクトでは、地域資源を現代的な観点から見直し、持続可能な地域を支える産業として再構築することを目指します。具体的には、農業、鉱業、ものづくり、アートなどにおいて、地域らしい構想や技術を持つ人々が集う産業・創作活動の場を「共同アトリエ」として、運営・育成を図ります。

また、各地の多様な事例をつなぐネットワークを形成することにより、新たな資源の組合せや技術継承の可能性を探ります。こうしたことによって、共創の営みと地域資源が織りなす生活景が、多彩に醸成されていくことを目指します。

プロジェクトの概要

共同アトリエ(CA)と生活景(LS)

本プロジェクトでは下記の二つを中心概念におき、①CAモデルの開発・データベース化②生業の再生・生活景の保全の事例創出(特定プロジェクト)を遂行。

共同アトリエ(CA)と生活景(LS)

共同アトリエ(CA)と生活景(LS)

取り組みの概念図

取り組みの概念図

特定プロジェクトを見る

研究開発実施者・協力者
  • 宮城大学 事業構想学部
  • 秋田公立美術大学 美術学部
  • 石盤葺国選定技能保持者佐々木信平
  • 雄勝硯生産販売協同組合
  • 有限会社熊谷産業
  • ノーマルデザインアソシエイツ ほか